【韓国ITニュース】KIA、初の大型電気自動車SUVコンセプトカー「The KIA Concept EV9」公開

韓国ITニュース

韓国を代表する自動車メーカーKIAが大型電動化電気 自動車SUVの方向性を込めたコンセプトカーを公開した。

The KIA Concept EV9

KIAは17日(現地時間)、米国カリフォルニア州LAコンベンションセンター(LA Convention Center)で開催された「2021 LAオートショー」プレマスコミ公開イベント「オートモビリティLA(AutoMobility LA)」で初の大型電動化SUVコンセプトカーさらにKIAコンセプトEV9(The Kia Concept EV9、以下コンセプトEV9)」を公開した。

コンセプトEV9はEV6に続いてKIAの次世代電気 自動車ラインナップに追加される予定のEV9のコンセプトモデルで、KIAの未来モビリティビジョンが盛り込まれたSUVだ。

EV6と同様に、KIAの電気 自動車専用プラットフォームE-GMP(Electric-Global Modular Platform)を基盤とし、

▲KIAのデザイン哲学オペレーション・ユナイテッド(Opposites United、相反する概念の創造的融合)を反映した調和のとれたデザイン
▲走行/停車状況によってシート方向を変えることができる3つの室内モード
▲自然の要素からインスピレーションを受けた色と持続可能な資源を活用した素材などが特徴だ。

KIAはオファージット・ユナイテッドの5つの属性のうち「自然と調和する大胆さ」にインスピレーションを受け、専用電動化SUVの独創的で大胆な形状を具現した。

KIAはコンセプトEV9を通じて先端技術の標準化で車両の自律走行技術がさらに高度化される近い将来に披露する電動化SUVの主な特徴を予告した。

この日実物で公開したコンセプトEV9は、全長4,930mm、全幅2,055mm、全高1,790mm、蓄去3,100mmを備えた。

コンセプトEV9が目指す主な電動化性能は、
▲1回の充電で最大300マイル(482km)レベル走行
▲350kW級超急速充電時のバッテリ容量の10%から80%までの充電所要時間約20~30分だ。

技巧なしに上下左右にまっすぐに伸びた外観は、この車が室内空間を最大限に活用できる3列SUVであることを一目でわかるようにしてくれる。

広大なサイズのサイドウィンドウ(DLO、Day Light Opening)と「パノラミックスカイルーフ(panoramic sky roof)」は、乗客が車両に滞在するあらゆる瞬間に壮観を披露する。

また、走行や停車状況に応じて乗客のニーズに合わせて室内構成を変えることができ、より特別な経験を提供する。

KIAのデザイン担当カリム・ハビブ(Karim Habib)専務は「KIAは最近持続可能なモビリティソリューションのグローバルリーダーになりたいという意志を明確にした」とコンセプトを明らかにした。

続いて「KIAの初の大型電動化SUVコンセプトカーは炭素排出のないパワートレイン、最先端の外装デザイン、現代的で革新的な技術を根幹とした室内空間が結合された」とし「今年初めから続くKIAの驚くべき旅でもう一つの重要な指標であるコンセプトEV9をLAモーターショーを通じて世界中に披露することができて誇らしい」と伝えた。

■「静けさのための緊張感」が調和した側面部

コンセプトEV9

コンセプトEV9は簡潔だが目を引く側面部デザインを備えた。

飢餓の他のモデルでは見られなかったスタイリッシュな車体比率は、強靭で硬い印象を与えます。

柔らかく快適さが感じられる乗客室のボリュームは、ホイールを囲んでいるスリムで角度のあるフェンダーボリュームが演出する緊張感と調和して対比を成す。

ここに低く敷かれた車体が地面から高いところに位置するフェンダーボリュームをさらに目立たせ、強靭なSUVのイメージを最大化する。

三角形のDピラーは、外観に全体的に使われた斜めのデザインと箱を合わせる重要な要素で、コンセプトEV9のユニークな側面窓を完成する。

車体の色とコントラストをなすハイグロスクラッディング(High Gloss Cladding)は、視覚的に地上高を高める効果とともに高級感を加える。

幾何学的な造形の22インチ加工ホイールは、ホイール周辺の空気の流れを制御する三角形の空力部造形が、円形のホイールと視覚的なコントラストを成し遂げ、オファジットユナイテッドを完璧に表現する。

■飢餓電動化モデルの新しいシンボル「デジタルタイガーフェイス」が適用された前面部

デジタルタイガーフェイス

KIAは内燃機関モデルを通じて確立したデザインヘリテージ「タイガーノーズ」を電動化モデルに似合う「デジタルタイガーフェイス」に継承発展させた。

コンセプトEV9の前面部は、内燃機関車のグリルを置き換える車体カラーのパネルと「スターマップシグネチャーライティング」でタイガーフェイスを構成、この車がKIAの電動化モデルであることを明確に表わす。

スターマップシグネチャーライティングはパネル両端から内側に徐々に広がっていく形の「スタークラウド(star cloud)パターン」を適用して車体が広く見える視覚的効果を与える。

未点灯時には車体に一部のように見えないが車両の始動が点灯すると点灯し、ウェルカムライトで機能時各列のランプが順次点灯され、コンセプトEV9のハイテクなイメージを強調する。

KIAはタイガーフェース上端部に走行中、前面部に当たる空気をフードに送り、抵抗を減らす空気吸込口(エアベント)を配置した。

またフードには太陽光で車両バッテリーを充電できるソーラーパネルを適用するなど「自然と調和する大胆さ」を反映した革新的な要素を披露した。

他にもKIAは、空力性能の面で大きな車体と角度のある形状のデザインを補完できる仕様を適用した。

車両ループには収納型ループレールを適用した。タッチボタンを押して簡単に上げて使用することができ、未使用時にはループの一部のように下に下げて空力効率を最大化する。

側面反射鏡に代わるカメラモニタリングシステム(Camera Monitoring System)は、空力性能を高めるとともに、運転者に空間知覚能力を向上させる。

背面部はスターマップシグネチャーライティングが適用されたテールランプが前面部と統一感を付与する。

ショルダーラインと窓に沿って上に長く続くテールランプは、車両の広くて安定した姿勢をさらに強調する。

■乗客の新たなインスピレーションを込められる室内空間

KIA インスタグラム

KIAはコンセプトEV9の屋内を顧客が自然と一緒にリラックスして新しいインスピレーションを発見することができるパノラマラウンジのように演出した。

コンセプトEV9の室内デザインキーワードは「開いた(Opened)」、「浮かぶ(Floating)」、「純粋な(Pure)」だ。

前面部はアルファベット「O」型のクラッシュパッドが目を引く。

空間感あふれる中心部に軽い印象を演出するO字形状は、外観の大きくて硬い感触を受け継いだ質感と調和したコントラストを成し遂げ、オファージユナイテッドを象徴する。

特に空中に浮かんでいるような姿で乗客の視線をクラッシュパッドに集中させ、軽さと硬さのコントラストをさらに浮き彫りにする。

O型構造は、顧客が移動を通じて新しいインスピレーションを発見し、それを投影できるウィンドウを意味します。

フロントディスプレイ、ステアリングホイール、センターコンソール(一列中央収納部)、ドアトリムガーニッシュ(内装)など、各要素の機能に最適化されたO型構造を繰り返し、新しい経験による乗客のインスピレーションを刺激する。

KIAはコンセプトEV9に運転席と同乗席に座る乗客をすべて配慮した27インチウルトラワイドディスプレイを搭載した。

ウルトラワイドディスプレイは、自律走行技術が高度化された電動化車両が移動の役割を超えて乗客により拡張された経験を提供できる可能性を象徴する。

ポップアップ(Pop-Up)ステアリングホイールは、別の製品のように屋内で区切られていた既存の車両のステアリングホイールとは異なり、クラッシュパッドの形状と自然に調和しています。

またサイドウィンドウと1列と2列上を横切るパノラミックスカイループで開放感を確保した。乗客はこれを通じて車両内部から外の風景と自然の光を取り入れることができる。

■状況に合わせてシートの向きを変更できる3つの屋内モード

コンセプトEV9は、走行や停車状況に応じてシート方向を変更できる3つの室内モードを備えている。

「アクティブモード(Active Mode)」は、走行のための通常の車両のシート配列で、1、2、3列すべての座席が前方を向いている。

「ポーズモード(Pause Mode)」は、3列はそのままにしたまま1列を180度回して車両前方に最大限引いて2列シートを折り、テーブルのように活用する。

このモードでは、乗客はラウンジにあるように1列と3列に向かって座って会話したり、窓の外の自然を鑑賞することができる。

「エンジョイモード」は3列を180度回してテールゲートを開き、乗客が3列に座って車外を見て休むことができるモードだ。

KIAは3列側面にカップホルダー、ブルートゥーススピーカーなど多様な物品を貼ることができる磁石レールと電子機器に電源を供給できるパワーアウトレットを適用するなど、乗客が多様で便利に空間を活用できるように構成した。

■水(Water)から始まった電気 自動車EV9の色と素材

KIAはオファージット・ユナイテッドの一軸を担当する「自然と調和する大胆さ」の下位概念で、水、空気、光、地など自然を成している4つの要素を定めた。

水の要素から出発したコンセプトEV9は、
▲海に似た色と▲水を保全できる持続可能で再利用可能な資源を室内素材として使用、乗客に自然とつながる静けさをプレゼントする。

望遠海を見た外装色は室内の穏やかで澄んだ水色と調和する。

KIAは海を汚染する廃魚網をリサイクルして床材を作り、ペットボトルを再生した生地でシートとドアトリムを作った。

また、クラッシュパッドやセンターコンソールなどに天然皮革対比生産に必要な水量が少ないビーガン革を使用し、水を原料として環境に影響の少ない外装染料を使用した。

KIAは今後発売するすべての車種で天然皮革の使用を徐々に減らしていく計画だ。

記事:KIA

ライター CONTREXMIND

電気 自動車に関して

コメント

タイトルとURLをコピーしました