【韓国ITニュース】NAVER検索、AIで再誕生「正解に好みを加える」

韓国ITニュース
韓国大手IT企業NAVER(ネイバー)は、AIで検索可能は「エアサーチ・スマートブロック」を出した。
例えば、#ネイバーにキャンプを検索しよう、▲キャンプ準備物リスト▲初心者キャンプ▲キャンプ装備▲感性キャンプ▲車輌用品など様々なテーマ別スマートブロックが表示される。コンテンツ分析に基づく「スマートブロック生成」と、ユーザーの好みに合わせた「スマートブロックランキング」の過程を通じて生成されたものだ。各段階にはネイバーの多様な人工知能(AI)技術が適用された。

韓国大手IT企業NAVER(ネイバー)ネイバーがAI中心の新しい検索「エアサーチ」を公開した。https://www.naver.com/

検索エンジンで初めて「統合検索」サービスを披露したネイバーが今回はAI中心の新しい検索「エアサーチ」を公開した。

28日、ネイバーはオンラインで行われたネイバーミットアップイベントで「新しい検索の使いやすさのためのネイバー検索の方向性」をテーマに、AI中心の新しい検索「エアサーチ」を紹介した。

「エアサーチ(AiRSearch)」は、エアーズ(AiRS)、AiTEMS(AiTEMS)、エアスペース(AiRSPACE)など、コンテンツ・ショッピング・ローカル単位の多様なAI推奨技術と検索を組み合わせたネイバーのAI検索ブランドだ。

◆「検索、より良い構造にアップグレード」

キム・サンボムのネイバーサーチCIC責任リーダーは「エアサーチはネイバー検索の最も差別化された特徴だった「統合検索」だけに、ネイバーの新しい検索を代表する大きな変化の始まりになるだろう」と強調した。エアサーチベースの検索を通じて「正解」を探しているユーザーにより多くの情報をより早く提供することはもちろん、意図がさまざまな検索に対してもカスタマイズされた結果を提供できるからだ。

現在の画像・動画・ショッピング・知識iNなどの項目に区分して検索結果を提供する「統合検索」が正解を求める利用者には適していたが、関心事を探索しようとする利用者は依然として検索を再びさせる構造だった。

利用者はエアサーチを活用して自分の関心事に合ったコンテンツをスマートブロックで提案することができる。上部には通常のカテゴリがあり、下部にはトレンドに合わせた結果が提供されています。レベルのあるコンテンツ提供のために検索結果を分けながら、ネイバーが検証した創作者が参加できるようにした。

キム・サンボム・ネイバーサーチ(Search)CIC責任リーダーは、「スマートブロックを通じて、ユーザーは所望の結果を見つけるために複数の検索語を探して入力する必要がなく、漠然とした検索語だけを入力してもコンテンツを素早く発見したり、特定分野の様々なトレンドを一目で把握するできるようになる」と説明した。

また、NAVERは多様な情報提供のために証券会社レポート、マスコミコラム、ゲームコミュニティなど多様な外部コンテンツも積極的に活用する計画だ。

ネイバーは年内検索結果の10~15%まで「スマートブロック」を拡大し、利用者に差別化された探索経験を提供する。スマートブロックとエアサーチの高度化計画も発表した。

チェ・ジェホサーチCIC責任リーダーは「スマートブロックは現在趣味・インテリア・レシピ・園芸などライフスタイルに関連するキーワードの一部に適用されており、ショッピング・ローカルなどバーティカルテーマにも拡張、年内検索結果の約10~15%まで段階的に拡大する予定だ」と説明した。

また、スマートブロックの推奨方式もさらに洗練されています。チェ責任リーダーは「優先性別・年齢などグループ別の個人化を反映し、年内にユーザーのフィードバックまでリアルタイムで考慮する反応型検索などを追加適用する計画」と付け加えた。

◆「ネイバー心臓「検索」、海外市場進出も検討」

国内エアサーチ領域の拡大とともに海外進出も検討する。まだ正確な時期や国は決まっていないが、最も有力な候補は日本だ。同社側は「日本LINEがメッセンジャーを通じて検索と関連して様々な実験をしている」とし「高度化しながら様々なテストをしてみる可能性がある」と説明した。

日本の場合、Googleなどグローバルビッグテックが検索市場をめぐって競争しており、メッセンジャーはポータルとは異なる特殊な環境であり、技術適用において様々な実験が必要だからだ。

また、NAVERはグローバルエンジンも「エアサーチ」・「スマートブロック」のように現在の正解で多様な好みのカスタマイズされたコンテンツ提供などのトレンドで動くと判断した。すでにグローバルビッグテックが検索サービスのリンクのみを提供している、ネイバーの「統合検索」のような形で改善した前例がある。

チェ責任リーダーは「ネイバー検索がグローバルビッグテック企業との競争で生存し、韓国のユーザーは他の国とは異なり、さまざまな検索サービスを選択して使用できるようになった」とし「ネイバーが統合検索を通じて他の検索サービスとの差別化された経験提供でユーザーの選択を受けてきたように、今やエアサーチでその流れを続け、さらに新しい検索経験をプレゼントする」と話した。

アイニュース

ライター CONTREXMIND

他のブログ記事を見る
NFTs MARKET
11月予定のビットコインの大規模アップグレード「Taproot」

コメント

  1. […] 【韓国ITニュース】NAVER検索、AIで再誕生「正解に好みを加える」 […]

タイトルとURLをコピーしました